自己責任で通販購入

sad couple

プラノバールやノルレボなどといったアフターピルというのは、産婦人科から処方される正規の入手法ではかなり高額な料金が必要となってしまいます。健康保険適用外であるのがアフターピルという薬を取り巻く状況なのもあり、いざという時に頼りたくても高額過ぎて簡単に買いずらいという問題点があるのです。そういった事情を反映してか、最近ではアフターピルなど日本国内で保険適用外となっている高額医薬品を格安で販売している、個人輸入代行業のインターネット通販サービスが増えてきました。アフターピルも海外から取り寄せた色々な種類の商品が売られており、そのどれもがクリニックで処方されるものよりかなり低価格で販売されているのです。緊急時の備えとして一回分だけでも持っておきたいアフターピルが、買いやすい低価格で購入できてしまう個人輸入代行業のネット通販は魅力的ですが、もしも購入をしようと考えているのであれば、しっかりと慎重に利用する事が大切です。個人輸入代行サービスというのは、あくまでも購入者の自己責任で利用するという前提があります。日本で無認可の医薬品を代理販売しているという性質上、国内の薬事法や商法などが適用されない世界であり、もしも医薬品によるトラブルが発生してしまっても、代行業者に対して損害賠償を請求したり保証を行なってもらう事ができないのです。一部では質の粗悪な海外商品を販売している業者もありますので、ネットでアフターピルを安価に購入する際は、しっかりと信頼できる輸入代行業者を利用するようにしておきましょう。アフターピルで安全な避妊を行うためにも、良い購入先を見極めていくようにして下さいね。